FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
『記憶による罰の効果』 ―――と題して新聞広告にて募集された、とある実験の被験者。
年齢や性別ももちろん考慮され、はば広い層から集められた被験者たち。
集めた彼らのうち、適当に選ばれたごく少数を【生徒役】とし、残りを【教師役】とする。

実験室において。
・【教師役】は、実験データを記録する科学者と同じ空間にいて、椅子に座って机に向かう。その机の上には、電気ショックを流すことのできる装置が置かれている。
・【生徒役】は、ガラスの壁で区切られた隣の部屋にいる。椅子に座り、両手首には電気ショックの装置から伸びたコードに繋がる枷がはめられている。

【教師】が装置のボタンを押せば、【生徒】の身体に電気ショックが流れる。
なお装置には20個ほどボタンがあり、最大450Vまで20段階ほど電流の強さが分けられている。



実験開始。

【教師】の机には数十枚のカードがあり、それには短いキーワードが書かれている。例えば、「青い箱」、「鋭いナイフ」、「野生の兎」...など。
【教師】はカードを取り、それに書かれているキーワードを【生徒】に読み上げて聞かせる。
全てのカードを読み上げ終えた後、また最初のカードに戻って同じようにキーワードを読み上げていくのだが…。。今度は前半部分しか言わない。そして後半は、【生徒】に記憶を頼りに答えさせる。
 教「青い…」
 生「箱。」  ...というように。

【生徒】が間違えたら、【教師】は装置のボタンを押し、【生徒】に、電気ショックという罰を与える。その強さは、間違えるたびに一段階ずつ強くしていかなくてはならない。

【生徒】が上げる悲鳴、絶叫、苦悶の表情や怯える様子は、ガラス壁を通して充分に観察することができる。
…それを見て、もし耐え切れなくなったらギブアップをしてもいい、という権利が【教師】には与えられている。ただし【生徒】にギブアップの権利はない。
だが…。
ギブアップしようとすると、すかさず慌てて科学者から慰めの言葉がかけられる。
「なんとか、もうちょっとだけ実験を続けてください…。大丈夫、大丈夫ですから。それに、この実験のデータが、世間のための研究に繋がるんですよ…!」 といった具合に。

それならば… と渋々ながらも再開させる【教師】がほとんどで…。

一ターンが終わったら、今度はカードの並びを変えて、またひと通り読み聞かせ、次に後半を当てさせていく... ということを何ターンも繰り返していく。



『記憶による罰の効果』

電気ショックという罰を受けたくない【生徒】は、その必死さから…
ターンを重ねていくたびに、自ずと記憶能力を格段にアップさせていくのではないだろうか。
―――という仮説が公言され、行われた実験であった。
無論、被験者たちの誰しもがその目的を思って実験に臨んでいた。…【生徒役】には可哀想ということになるのだが。。


しかし!

実はこの実験、広告に掲げていたのとは全く違う…別の目的があったのだ。
その、真の目的とは。。

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Mr.Dreamer, All rights reserved.