FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
そうそう!
昨夜、川崎のTSUTAYAにDVDを借りに、父親のスクーターに2ケツして行った帰りのこと。

…ちょっと状況は口じゃ説明しにくいんですけど。。
帰りにちょっと薬局に寄ろうかと、車道からキューっと右に曲がるように歩道へ向かわんとしていて、だからスクーターの速度としてはもうほぼ停まる寸前みたいな感じで、父親が地面に足を着こうと伸ばそうとした時に、、
丁度その脇に停まっていたタクシーが、ウインカーも上げずに突然少し前に押し出てきて…。
(運ちゃんの話だと、一度停まったもののお客さんに「もうちょっっとだけ前に出してくれ」と言われ、少し車を進めたらしい。)

タクシーの前輪の上部分の車体と、バイクの足乗せとの間に父親の足が挟まってしまい、左の足首を軽く打撲、、


という事故が起こりました。

父親は、救急車を呼んですぐ近くの私立病院に運ばれていき、
それと同時に警察が来て現場検証が行われて、運転手さんと、後ろに乗っていた私が目撃者としていろいろと細かくしつこく事情聴取されまして…。


なぁんか色々と時間食って大変でした。。(´д`)


あ、父親の怪我は大したことじゃありませんでした。
でも一応と思って救急車を呼んだそうd… (げふんげふん!)

しばらくして、私立病院に迎えに来てと連絡があり、現場から母親の運転する車で迎えに行きましたしね。そんで父親が検証に立ち会いまして、治療費の話やら調書の話やらを警察としていて、、
最後には自分でバイク運転して帰っていきましたから。。

あー、昨日は何だか疲れたよパトラッシュ…。

スポンサーサイト




確かにそう。
愛情と依存と執着の区別って、難しい。

でもこれらって別に
それぞれにぞれぞれ別の定義なんて、
つける必要はないと思うわけであって。

愛情があるから依存して。
愛情があるから執着するのかもしれない。


心、想いとは感情であって
理屈や理論ではないのだから
時に必要に迫られるかもしれない原因と、結果さえあればいい。

原因と結果の間にある理由とか、理屈とか、理論とか、
行き着くための手段とか、駆け引きとか。
そういったものは全て端折っていい。

結果という事実さえあれば。



人は人に依存するものだ。

自分になくて
だからこそ欲しいものがあって
それを、偶然にも見つけ出したのだから。

だから依存することを
恐れる必要も、咎める謂れもないんじゃないか。


自分の想いたい通りに想って
したいようにして
言いたい言葉を告げて
過ごしていけばいいと思ってる。誰しも。

ふと過ぎった自分の心を
一瞬だけ何気なく捕まえてみたりして
ちょっとの間だけ冷静に見詰めてやって。
そうしてまた、何事もなかったかのようにそっと離してやる。

自由に泳がせてやればいい。
それを見送ればいい。

悩む必要もない、不安になる謂れもない。


それほど確かなものがある。
それを支えと、人は呼ぶ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Mr.Dreamer, All rights reserved.