FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Prisoner Of Love...

宇多田ヒカルの新曲であり、ドラマ『ラスト・フレンズ』の主題歌。

すごく合ってるな、って…
改めて歌詞を読んでみて思った。


アーティストの新曲が、ドラマや映画の主題歌となる時
多分、事前にオファーがくるんだろうけど。そして、自分(たち)が主題歌となるその作品に一度は触れてみるんだろうけど、、
多少合わせるとはいえ、まるっきり作品のことを唄っているなー、という感じにしない場合が多いんじゃないか。
主題歌であれ、やはり自分(たち)の歌なわけだから、自分(たち)らしさを出してるもんだ、、っていうか。…そんなの当たり前か。(笑)

なんかね
桜井さんがそんなことを言ってた気がする。
昨年の映画『恋空』の主題歌、『旅立ちの唄』をつくった時に。

「主題歌になるということで、映画を見てみた。そして感動もしたけれど。
やっぱり『旅立ちの唄』は、僕のイメージから膨らませて
Mr.Childrenで仕上げた作品であって。
主題歌、ってことで繋げると、「あぁ、確かに合ってるなぁ」って思わせるところは、多少あるかもしれないですけど。別に意識してつくってるわけじゃない。」

雑誌のインタビューでこんなのを読んだ。

うん、だから。
この曲は、ドラマに合ってるけど…
やっぱり宇多田ヒカルっぽいなぁ、って感じなんだよね。

っていう話。


スポンサーサイト

テーマ:宇多田ヒカル - ジャンル:音楽



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Mr.Dreamer, All rights reserved.