ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑日記のタイトルって浮かばない…ってかぶっちゃけなくていいんだけど
でもコレ入れないと投稿出来ないんですよねぇ。。
自動で「no title」になりゃいいのに。livedoorブログはそうだったぞ!

…というどうでもよい愚痴から始まる
これまた、どうでもよい内容の戯言記事ですが。。


もう何ヶ月も放置中のHPを、たまーに思い出したように覗いてみると
放置中だというのに来訪者が来てるみたいでビックリ。(@w@)
しかもあれURLを教えたのって、友達数人と… ネットサーフィン(今やこの言葉もだいぶ古くなったもんですねぇ)...で来る人なんて、果たしていらっしゃるのかな?って感じなんですがねぇ。

何度も言っていますが、サイト再建を考え中…。
その際に、昔からずっと載せてきてる詩を、そのままごっそりと残すのかそれとも気に入ってる一部だけ残すのかをすごく迷います。
んー…でもページのフォームが気に入らない、ってことで書き直すやもしれない。


あ、そうそう。詩についてちょっと戯言。

詩を書く際に、まぁ当然使うであろう“一人称”って結構重要だったりするんですね。
…重要っていうか、なんだろう。。
その一人称が作者の性格(?)というか気質を表しているだとかいうのを聞いたことがあります。

たとえば、女性作者…ってか作詞の方なんですが、「僕」という一人称を使う人。
浜崎あゆみとか、まぁBoAもかな?解散しちゃったけどZONEもそうだった。
「ぼく」と「わたし」とじゃ文字数が違うから、歌詞だから当然メロディーと合わせなきゃってことで選んだ、っていうのも理由としてはあると思いますが…。
やっぱり作者の拘りというか、「僕」という一人称の持つイメージをみせたいから、「僕」を選んだんだ... っていうものがあると私は思います。

女性の書く「僕」という一人称の詩って
女性詩でもなく男性詩でもない…いわゆる中性的な感じがして、私は好きです。
てか、「僕」って一番詩に合った一人称だと思う。…うん。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Mr.Dreamer, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。