ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神奈川住まいですが、東京もよく出歩くわたし。
むしろ、遊ぶのは東京での方が圧倒的に多い、、ということで完全に都会人であり、言語で言えば標準語エリアで生きてきたわたしですけども…

友達との喋り言葉に関して、なんだか多少のクセがある、という。(´―`)

わたしがまさによく遣う言葉。
横浜弁と言えば、「ジャン」が語尾につくというのはすごく有名な話ですけど
「~じゃんか」、っていうのも言わないらしいね。

例:「昨日遊べないって言ったじゃんか。」
   「だって、そーじゃんか。」

…これ言わないんだ??


興味をもって調べてみたら、かなりおもしろいことが分かった。

「横入り(よこはいり)」、も言わないらしいです。子供の頃によく言ったけど。
あと「かったるい」、「うざったい」。
空き缶のことを、「缶カラ」とか「缶カン」と言うのも横浜弁だとか。

あと他に有名なのが、「り」→「し」の変化。
例:やっぱり→やっぱし、バッチリ→バッチシ、ピッタリ、ピッタシ...etc

話の繋ぎとして、「~がさぁ、~でさぁ、…」と続けるのも
「ちょー○○」というのも、もとは横浜弁らしい、、とのこと。

このように、横浜弁は多少ザツっぽところがある。
そもそも、こういった横浜弁は沿岸部に限定されるらしい。
そして、もとは猟師の間で交わされていた言葉のイントネーションや語尾が横浜弁と言われるようになったので、どうしても男言葉のザツさがある、、ということだ。


こうやって並べると、へえ…って思うけど
でもこれって、あくまで標準語と比べてみて、それと違うから横浜弁だとネーミングされたって話でしょ?
標準語って、アナウンサーの使うきれいな日本語のことでしょ?
実際、上で横浜弁と称したものって今の若者はふつうに使ってるよね。だから横浜弁と言えど、方言というよりも若者言葉という感じがする。

それは…
横浜弁はヤンキー言葉として全国に広まったかららしいよ。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Mr.Dreamer, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。