FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
唐突ですが…
付き合うようになってから、もうすぐ一年が経ちます。

一年とは、過ぎてしまえば短いようで。
それでも確かに長かった。
やっぱりどうしても、人並みに色々なことがあった、…と言えてしまいます。


お互いの…少なくとも相手の性格上、喧嘩はほとんどしないと予測された。
それでも、ぶつかり合いは何度もあったと思い返す。

それは大きく言ってしまうならば、

男女――という観点からきた、いさかい …かなぁ?



思春期の頃から、男女の役割分担に批判を思うようになった。
女らしさというものに抵抗したいという気持ちがあった。
男っぽく振舞っていたのもそう。
女だからって、何でかわいく振舞わなきゃいけないんだろう…?とか。

何かの文献で読んだことがある、少女の少年期。
…まあ、、
もともとの自分の性質上、それは悪くはないようだったみたいで
そうやって確立された、今のわたしがいるわけですが。

たまに男らしさを見せる女の子。
サバサバした子。

そんな性格でありながらも
人並みに、女の子扱いをされたかったのかもしれない。
男にリードされたいだとか
女が仕切りすぎてもなあ…などと思う気持ちはあった、ということ。

そういうところは、やっぱり自分は女の子なんだと思う。


自分でテキパキと決めてしまって
それに相手を巻き込める力を持っていながら
異性相手だと、やっぱり少しだけひけてしまう…。
いや、というより、、ひけた方がいいんだろうなーという考えが働いてしまう。

それで、自分自身に「待った」をかけるのに
相手がリードしてくれないとなると、「何で…?」って思ってしまう。

きっとそれが原因だったかなぁ、なんて。



けれど。
だからこそ学んだことがある。


わたしたちは、きっとそうじゃないんだ。
男女とかいうのじゃなくて。
お互いが一人の人間として、付き合うのが一番いいんだと思う。

男+女=二人 ではなくて
人+人=二人 が正しかった。

…というお話。

そう考えるようになった時から
心の中にまだ少しだけ残っていた曇りが晴れた気がした。
肩の荷が下りたんだよね、多分、お互いに。

今の付き合いがすごく楽で良いです。
スポンサーサイト




ちるさま

何度も読んでしまいました。
勉強になると言うか、ためになると言うか…
白状しますと、一回読んだだけではとても理解できなくて…
やっぱりちるさまは大人だなあと思った次第でして

男女の役割っていうのは認めたくないけどやっぱりあります。自分もその辺には抵抗があります。
男でも女でもちゃんと人として見られない人っているんです。
男+女=二人 ではなくて
人+人=二人 が正しかった。
っていう結論に行くところが自分としてはちるさんのすごいところでブログ上でも知り合えてよかったと思いました。

なんかすごく救われる感じがして

自分のことですみません
屈折してるなあと時々思うんですけど、自分の中にある女性性が認められなくてそれを消そうと躍起になっています。なんか感覚的には容姿的に女の子なら性格まで女の子を求められることがとってもうっとおしいんですよね。
だから
ちるさんの
『人として恋愛も考える』
そんなスタンスにすごく共感しています。


【2008/05/03 17:29】 URL | とも #zwLapsbc[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/03 17:42】 | #[ 編集]

大人だなんて…いや、そんなそんな。(´∀`A;)

ありがとうございます。
わたしもともさんのブログを欠かさず読ませて頂いていますが、共感できるところはかなり多いです。
もはや、「わたしも同感です!」と言うしかなくて、なかなかコメントがつけられずにいるんですけれどもね…。><


人+人=二人 …のところ。
それが、本当は自分にとって付き合い方の理想だけど
でも実際にこんな風に考えてくれる人っているのかなあ、みたいな。
結局誰しも、女らしい彼女というのを欲しているんじゃないか。

そう思うと、やっぱり今まで恋愛を少し遠ざけていた面はありました。

でもきっとそうじゃないです。

なんだかクサくなりますけど…
こちらから心を開いたり、自分に素直になれば
それを好いて、寄ってきて、ちゃんと認めてくれる人がいると思います。


わたしも学んだことがあって。
「きっと世間の男女は、こうこうこういう感じに思っているのだろうなー」という具合に、想像で考えて敬遠してしまうのではなくて。

素直な自分を出せている自分のことを、好きになる。
(何も容姿の類じゃなくて、考え方やそういった精神の部分での…) 自分に、自信があること。

それが大切かなって思います。
【2008/05/09 04:41】 URL | ちる #XFzQd7aY[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Mr.Dreamer, All rights reserved.