ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昼間交わした、母との親戚の話。

私 「K君って… あー、あいつか。」

そいつは親のいとこで、多分わたしの2~3つ上くらいだと思う。
わたしが幼稚園生の時、おばの結婚式場で会いました。
今でも覚えてる。
「幼稚園は、幼稚だから幼稚園なんだぜー」みたいにからかわれたんだ。。(笑)

会ったのはその一度っきりなので
とにかくサイアクなガキの印象しか残ってないのは、しょうがないんだけど。

そこで。

母 「あらっ、あいつ、じゃないのよ!医学部なんだから。」

私 「…は?だって4浪で私立でしょ。
  別にすごくなくない?金出しゃー行けるでしょ。(笑)」


いやあー、「医学部」と聞くと目の色変えるママ達――ってよくいるもんだけどさ。
ぶっちゃけ
たかが3浪だか4浪だかしての医学部だろー、って。
高い金出しての私立の医学部だろー、って。

そういうの、まじでフーン(´_ゝ`)なんだよね。気分的に。(笑)

そうやって
学歴を聞いただけでアゲアゲにする人達って、ほんと浅はかだなって思います。
主婦オバちゃん達に多いよね。
受験期が終わると、誰がどこ行ったーだの何だのー、と。


そんなのなんかよりも
自分の生き方に自信を持って生きている人の方が、ずーっと魅力的。

確固たる目標や、やりたいことがあって
それを成すために生きている人の方が、何十倍も格好良い。

今はすごくそう思います。



…、そういうのってさ。
ありきたりで、どこかで聞いたようなきれいな言葉だとばかり思ってたけど
でも、本当にそうなんだなぁ、、って
実感してしまうことが最近よくあるんです。

格好良い生き方って何だろう。
輝いている人って何だろう。

これは、必ずしも精神だけで保っていられることじゃないかもしれない。
本人の精神的な範疇を超える問題かもしれない。
たとえば、
自分の願った道どおりに歩めたら、「俺は輝いてる!」って思えるだろうけど
そうでなければ、きっと、そうは思えにくいもの。

だけど…
どこかで、格好良い自分、輝いている自分を夢見ていれば
ちょっとは変わるんじゃないかって。

憧れを抱いているだけマシなんじゃないかって。


向上心、という立派な言葉を使うまでいかないんだけど
だからつまり、「憧れ」なんだよ。

そういうのを、どうにかして自分のバネにできたらいいなって思います。
スポンサーサイト





ちるさん

うんうんってうなずきながら読んでいました。
本当にそうだなあって

最近のトレンドになっていますけど
御三家(女子も男子も)なんかは医学部に合格させるために何ができるか、それを追求してるようです。
だから
本人が医者になりたいかどうかなんてある意味どうでもよくて、ランクを多少落としても医学部に滑り込ませる。
そんな進路指導をしてるようです。

自分は
スポーツ選手でも芸術家でもミュージシャンでも
一流の人は、ちるさんのおっしゃるように精神だけで保っていられるような、そんなことじゃないと思います。
先にあるものというか
うまく言えないけど途中からは使命感みたいなものとでも言えばいいのか
そんなことが突き動かす動機になるというか…

うまく言えなくてごめんなさい。

あこがれっていい言葉ですね。
自分も好きです。
【2008/07/29 17:13】 URL | とも #zwLapsbc[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Mr.Dreamer, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。