ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりに、体力を使った夢を見ました。

いやあ、もう、、
これって本当に疲れるんです…よね…。



自分は犯罪捜査官。 (またこの出だしだよ)
あ、ただの警察じゃなくて、もっと秘密的な…格好いいやつね。(笑)
んで
追っている凶悪犯がある街に潜入してると聞いて
その街へ聞き込み調査に出向く。

犯人を見つけて、こっそり追跡していたら
何を間違ったか見失った…次の瞬間、拉致られる。
ついでに近くにいた小さな女の子も一緒に。

ただ、犯人はわたしが捜査官だということを知らない。
ふつうに一般市民二人を誘拐した、という感じ。


で、どこかの林の中のロッジに連れて行かれる。
ちなみにそこは、犯人が暮らしている家。
彼は、ロッジ周りの木を切って、工芸品を作ってたりしていた。
さながら工房のような部屋で見た、木の人形。

「こんなきれいな目をしたものを作れる人が
人を殺せるはずがない。」

・・・とか言って。

彼は人質に実に親切で
風貌が60くらいのおじいちゃんなんですけど
女の子とも、本当のおじいちゃんのように接していて。

自分たちは何かを間違えたのだろうか―――


そう思っている間に、仲間の捜査官が乗り込んできた。




あ、あれー…
その後の展開や細かい設定、ちょっと忘れました。(笑)

ただ、色々と切羽詰った状況になるんですけど
そのさなかでショットガンで足を撃たれちゃうんだよね…。
威嚇で撃たれた弾が
壁や天井を跳弾して、足首辺りを貫いて…。

いやー…、漫画ではよく見たことがあったけど
撃たれると実際、こんなにも痛いんだな…
むしろ、すっげえアツイ感覚なんだね…キッツイわ…。


って思ったのは覚えてるんだけどー。
やっぱり、起きちゃうと夢って忘れちゃうもんですね。
切り取ったシーンだけ覚えてたり、とか。

あー、でも怪我する夢って疲れるんだよな…。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Mr.Dreamer, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。