FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
「使えない英語」から「使える英語」へ。
高校の新学習指導要領案は
「英語の授業は英語で行うことを基本とする」と明記した。

(Yahooニュース抜粋)


こんな記事を読んでいました。

賛否両論…いや、反対の方が多いようですね。記事を読んでいると。
お役所は現場を分かってない。
英語の苦手な生徒をさらに苦手にさせる。
自信のない英語教諭もいる。 ・・・などなど。

ちなみに。

わたしは中学一年から、英語の先生は授業中英語で喋ってましたよ。
ふつうに日本人の先生なんですが・・・
文科省の出したこの案の目的と同じように、生徒の耳が少しでも英語に慣れるように、、というのを狙ってのことだったと思います。
「授業中は英語を喋って行いますので、そのつもりで。(にやり)」
と、一番最初のカリキュラムで脅しのように言われて、ビビッたっけなぁ。

そんな自身の経験を振り返れば・・・
やはり、それはプラスになることだったと思います。


英語って、知らないうちに音で覚えちゃってるものでねー。

確かに文法や単語も大切だろうけど
英語を聞く耳を育てる、というのも大事なんじゃなかろうか、と。

たとえば
「Who's absent today?(今日は誰が欠席?」
と毎授業の最初に訊かれていました。

当然、習うまで「absent」という単語は知らないわけです。
でも、慣れると分かるようになる。
習った時に、「ああ、こう訊いていたのか。」と文法的な部分を理解できる。


まあ、大学受験がからんでくる高校より、
英語習い始めの中学から実施した方がいいとは思いますが。(笑)
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Mr.Dreamer, All rights reserved.