ADMIN TITLE LIST
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「半信半疑=傷付かないための予防線」
ってとこがあるんですが…

さすが桜井さんの歌詞だよーキてるよー!って最初思ったけども、コレよくよく考えてみたら、藤くんの歌詞にあってもいいような気もしてきた。
…ただ、この歌詞の後に桜井さんは、「~を今微妙なニュアンスで君は示そうとしている」って唄ってるけど、藤くんならそうは唄わないだろうなぁ。なーんて!


桜井さんの書く詞は、リアル感がある。
特に、男と女の関係…恋愛や失恋や昔の恋を唄った詞がかなりうまいと思うんですけど、多分得意なんだろうなぁ。(笑)
あと、年齢的には多分20代~30代の恋愛模様の話が多いと思う。会社での付き合いとか…。だからあと数年後にはこの気持ちがもっとよく分かるようになるんだろうか、なんて想像を膨らませてみたり、ね。

歌詞のリアル感。
たとえば、、

  嘘のつけない大きな声や
  家事に向かない荒れた掌も
  君を形成(つく)る全ての要素を
  愛してたのに
             (Over)

  君の仕草が滑稽なほど
  優しい気持ちになれるんだよ
             (名もなき詩)

  ある日君が眠りに就く時
  誰かの胸に抱かれてる時
  生乾きだった胸の瘡蓋がはがれ
  桃色のケロイドに変わればいい
  時々疼きながら 平気な顔をしながら
             (渇いたkiss)

  いつしか二人は嫌なムード いがみ合うばかり
  冷めてく想いを分かってるくせに
  気付かぬ振りでやり過ごしている
  大人を気取れど
  自我を捨てれない
  辻褄合わせるように抱き合って眠る
          (ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~)


  その香り その身体
  その全てで僕は生き返る
             (口笛)
スポンサーサイト

テーマ:Mr.Children - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Mr.Dreamer, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。