FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

こないだ、弟の彼女が朝起こしにきてました。
早朝です。家遠いのに、わざわざ電車に乗って。

家が近くて、朝迎えにくる幼馴染、、とかいいよねー。
「オバちゃん、タケシ起きてます?」
「まだなのよー。ミカちゃん起こしてやって。」
みたいなね。
学校モノのラブストーリーの定番だけど。(ハイハイ妄想)

一方こっちはレポートの提出日で、徹夜明けの疲れきった顔…。
それでも微笑ましく見ておりました。(´∀`)

わたしには出来ないなぁ、と思いながら。
むしろ起こして欲しいわぁ。(笑)


…最近、朝ダメですね。
特にレポート執筆期間になると、そう。
寝不足が続くと、提出が終わった日にはかなりの時間寝てしまう…。

やっぱり人間寝なきゃダメ、ってことかなー。。(´ロ`)

レポートといえば。
最近、レポートの自分的クオリティが上がってきていて、ヨシヨシな感じ。
今、たとえば1年生の時に書いたレポートを見てみると、もうほんと、レベル低かったなぁ…って思う。

レポートのような文書に限らず、プレゼンテーション能力を上げたいこの頃。


この3月で、オープンからいる先輩達はほとんど辞めてしまって
つい先週、店長が変わり…
あと、わたしが研修中にお世話になった1コ上の先輩も辞めてしまいました。
話によれば、時給がもっと良いホテルのレストランのバイトをやるそうです。

はや、今数人残っている古株のうちの一人となってしまいました。

わたしもバイト移ろうかなあー…なんて。
だってやっぱり今のバイト、ちょっと時給が低いな。(笑)

でも、地元じゃ大した時給が見込めないんだよね。
それこそ、先輩みたいにホテルのレストランやバイキングなんかで働けば時給はいいだろうけど、接客厳しいって聞くからなぁ…。

飲食系にせず、オフィス系とかなんちゃらってアルバイトサイトの業種では見かけるけどね、あれはどうなんだろう?
時給は飲食系より高いんだけど、なんとなーく手を出しにくい感じ。

そういえば、大学でコールセンターのバイトをしてる人(男)がいたっけ。
友達の友達だから、聞くに聞けない…。

ううー…。(;_;)

それに。
バイトって、時給も大事かもしれないけど
それよりもやっぱり仲間が大事だと思う、今日この頃。

同年代とワイワイやるのが良いんだよね。
口調は、敬語までいかず丁寧語だけど、友達同士なおしゃべりが出来る年上。

ちょっと機嫌を取るというか、相手をたてるというか
そんな感じに話すことになる、確かな壁を築かざるを得ない年上(先輩)との付き合い、ってやつは、そのうち社会人になってからやることになるんだから。

今はまだ、、
そうするとやっぱり飲食系になるものな。


でも、今さら新しいところを探すのもね。
なんだかパッとしないし。

まぁ贅沢言わず、やりゃーいいんだ。
弟が、「デリバリーの仕事超ラク」とか言っても、揺らがなきゃいいんだ。(笑)


下の事件の比になりませんね…
いや、事件に大きいも小さいもないんだけどさ。

秋葉原、無差別殺人事件。

びっくりです…。
大学が近いだけに、本当に恐ろしいです。
テレビをつけたら、どのニュースでもやってるもんなぁ。

日曜日の昼間だってね。
事件のあった中央通りは日曜&休日、歩行者天国になるからなぁ。
なにせ、秋葉原のホコテンはかなり賑わう。オタクが路上パフォーマンスとかやってるし…。

中央通り。
靖国通りを秋葉原方向にずっと行くと、突き当たるんですけど
靖国通りなんてさ、、昼に、たまにそっちまで出ていってご飯食べに行ったりするしなぁ。
あと、犯人がトラックを走らせてきた神田明神通りだって、すぐ近くだし。

平日だったらホント、もしかしたら目撃くらいはしたかもしれない
…ってくらいに身近に起こった事件なもんだから。

本当に怖い。。(´Д`)

だって、どうやったって防ぎようがないものね。
気付いたら、トラックに跳ね飛ばされ…あるいはナイフで切りつけられてた
って感じだったのでしょうね。

まず痛みや衝撃が先にきて、何が起こったかを知った、、

そんなの、本当に運不運の話でしかないよ。
通り魔事件って怖い。


被害者の方には冥福を祈ります。心から。


おとといの午後、横浜の生麦で、
バス停に並んでた70過ぎのおじいちゃんが刺されたらしい!

無言で近づいてきた、30~40歳の男に
太ももの裏側をいきなり、、だってー…。

これ、地元とまではいかないけど
結構近いとこ。^-^;
しかもまだ犯人逃走中。

こっわぁー。。


白昼堂々の犯行なんて、ぶっちゃけ防ぎようがないよね。
不運だ、としか言いようがない。


バイト先の店長が変わるそうです。

うちの店は全国チェーン店ですが、
わたしのバイト先の店舗は、地元のとある旅行会社がフランチャイズ経営してる、という形態なんです。
なので、店長は旅行会社の社員というわけ。

と、いうことでねー…
今の店長だって、、新卒でふつうに旅行会社に就職したっていうのに、数年後にまさか飲食店の店長やらされるなんて思わないよな、って話ですよね。わたしだったら辞めるなぁ。(苦笑)

店長は、来週を最後に本社に戻るそうで。
代わりに別の社員さんが来るらしい。
どういう人かは、店長しか知らないんだけども…。

「来週の週末、シフト入っとけよ。
入らないと後で絶対後悔するから。」

この間、しきりにこう言っていたのは冗談じゃなかったんだー…
という感じです。(´∀`)

店長は、4大卒でちゃんと就職した旅行会社の社員というだけあって
人(客もバイトも)への対応もしっかりしてるし、考え方も筋道が確かで説得力があるしで、若いのに頼もしい店長でした。


…居酒屋の店長や社員なんて、ヘンな奴とかいるからね。
ほんとのほんとに。

飲食業界は、学歴関係なくわりと誰でも雇ってくれるみたいだから
そういうヘンなのが店長や社員にいる、っていうのも当たり前のことなんだけど。

ちょっと前に、どっかのステーキ屋で店員による婦女暴行事件があったけど
そういうニュースを見たとしても
「ああ、まあ飲食店だしな…」、という感想が頭のどこかに浮かばないだろうか。

フィルターはるわけじゃないけどさ、
実際そういうもんだもの。


ま、とはいっても今の時代。
市民を護るべき警察も、教育の場にいる教諭もそういった問題を起こしてるから
あくまで個人の問題であって…
職業うんぬんは関係ないんだけどさ。

けれど結局人って、
印象(イメージ)に左右されることが大きいものね。


髪伸びたなぁ、と最近思います。
今月切りに行こうか、ちょっと考え中なんだけどね。

カットモデル、というのを勘違いしてました。
よく、「こないだカットモデルやって、タダで切ってもらったー」っていう話を耳にしますけど、あれ、全部ヘアー雑誌に載るんだとばかり思ってました。

なので、ずっと敬遠してた。。(笑)

メイクの仕方も表情までも変えて、before→after撮られるんだろう?
そして、『都内大学生・○歳』って書かれて載るんだろう!?
…ってさー。

なんだよ、まるっきり誤解してたよー。(ノ∀`*)

ある友達は、成人式の時にお世話になった美容室に
カットモデルの希望を出して、こないだタダで切ってもらったらしい。

タダとか… いいなぁ。。


友達が一人暮らしを始めるみたいです。

マジでうらやましい…。
いいなぁー。

わたしが家を出られるのは
ちゃんと、自分で安定して稼げるようになってからだなぁ。
ぁー…
いつのことになるやら。(笑)

そういえばバイト先の友達で、1コ下の男の子。
なんだか4月から一人暮らししているみたいですが
ちゃんと自立してのことらしいので、、すごいな、って思いました。

そして、ちょっとだけ嫉妬したんだ。(´ω`)

…でもフリーターなんだけどね。
地元と、一人暮らし先の最寄場所と、銀座と、、全部飲食系らしいですが、バリバリ働いているみたいです。
そんで、やっぱり銀座は時給が良いらしくて、おもにそれが要になっているとか。

「今月30万近く稼いだ」、って言ってましたけど…
一日まるまる休みを取った日は、たったの2日なんだって。

そんな生活続くワケないよなぁ、とか思いながら。


まあ、でも彼、なんか芸能事務所に入ったらしくて。
「あぁ、ジャニーズでしょ?」って冗談で言ってみたけど。(笑)
そういう系統の顔立ちをしてるから、将来はモデルとかでやっていけたらいいなって感じらしいです。
今はまだ、仕事としては、塾のパンフレットのモデル?をやったくらいらしいんですが、これから色々とオーディションを受けながら夢を追うみたいで。

てかね!

最近、うちのお店に芸能関係の人多いんです。(´∀`)
上の子もそうだけど、、あともうちょっと仕事をしてる芸能人がいます。
こっちは女のかたで、日本タレント名鑑にも載ってるし、公式ブログもあって…こないだ見つけてビックリしました。
あと、よしもとのNSCに所属してる(…してた?)お笑い芸人さんもいます。
今はやっぱりフリーターを名乗っているんですが、、「今度のR-1ぐらんぷり出ようかなぁ」って言ってました。

すげー、すげー、クオリティたけぇー(^ω^)

あと、芸能人じゃないけど、ミュージシャンを志してるフリーターもいますし。
…なんかそういうの多いんだけど。(笑)
夢を追ってる、フリーター。

話を聞いている分には格好いいとは思うんだけど
実際、自分にはまず出来ないだろうし、しようとも思わないなぁ…っていう話。

高校の頃はそういうのに憧れた時もあったんだけどね、
なんか今はオトナになっちゃった。。(苦笑)


唐突ですが…
付き合うようになってから、もうすぐ一年が経ちます。

一年とは、過ぎてしまえば短いようで。
それでも確かに長かった。
やっぱりどうしても、人並みに色々なことがあった、…と言えてしまいます。


お互いの…少なくとも相手の性格上、喧嘩はほとんどしないと予測された。
それでも、ぶつかり合いは何度もあったと思い返す。

それは大きく言ってしまうならば、

男女――という観点からきた、いさかい …かなぁ?


この春で、うちの弟が高3に…受験生になりました。

自分がその頃に考えていたことと、同じことを考えていて
同じような手順で迷っているみたいなようです。
つまり
「何処大の何学科にしよう」→「将来やりたいことは何か」→「やりたいこと=興味を持ってること?」→「特にそんなのないんだけど」→「・・・。」
という流れ。

彼も理系なので
文系のように、大学名欲しさに、文学部・商学部・経済学部と同じ大学でも片っ端から受けていくのとは違い、、具体的に学科の方向を決めて志望しなければならないのです。
でも、普通科の高校に行っていて普通の勉強を受けているだけだと
たとえば、『応用化学科』…とか言われても、具体的に将来どんな道を歩んでいくことになるのかなんて、分からないじゃないですか。なんとなくーのイメージでしか。


今だから言える話。
将来の道というものを、だいぶ理想的に見すぎていたと思います。

「俺はもう機械が大好きでさぁ。プラモデルとかも小さい頃から興味あったし、自分で機械を解体して、遊んで。手製のラジオ作っちゃったりして…。
だからそういう業界に興味あるよ。ロボット工学とか、すごく夢抱いてる。」

要は、これに合わせる必要なんてないんだよ、って話でね。

あんまり深刻に考えすぎずに
ざっくりと方向だけを決めればいいと思う。
それは別に、英語が苦手で…数学と物理がそれに比べれば得意だから理系に行きます、みたいな感じでもいいと思う。その程度でいい。

あとは、大学に入ってからまた考えればいいわけだ。
徐々に具体化していけばいい。


最初から、はっきりとした目標があって
そこへの通過点として
いわゆる踏み切り台のように大学を利用できるのは、素晴らしいことだと思うけど

あそこは、限りなく社会に近い社会ではない場所であって
刺激を受けたり、考えたり、迷ったり。
そういう場所でもありうると思う。

あんまり格好つけないで考えな、、ってアドバイスしてあげたいね。

塾講師や学校の先生やなんかは
『将来やりたいこと』の話をまず持ち出してくるから、高校生は悩むんだよ。


まぁ、こういうことって
自分自身が大学生になってみないと分からないことなんだけどね…。
だから、卒業生の話を聴く会とかいうのが設けられているんだと思う。
高校生の時分には噛み砕けなくて、真実味がなくて、あまりマジメに聴いてなかったけど。


多分ご存知の通り、わたしは飲食店でもバイトしてますが
まあ…
そろそろ足を洗いたいというのは置いておいて(笑)

向いてはいるんだろうな、っていうのは感じます。

こないだ、居酒屋の店長に
「今まで居酒屋やったことあったんだっけ?
なんかさ、フットワーク軽いよね。」
って言われたんですけど…

部活でテニスやってたくらいだしなぁ、みたいな。
単に飲食店に慣れてる、ってことだと思うんだけどね。

そもそもの話。
飲食店経験がある人って、たとえ新人で来たとしても
やっぱり経験者らしいフットワークの軽さとか、物覚えの良さというものがあります。
ハンディー(注文とるやつ)がすぐ使えるようになったり、とか。


わたしは今まで、BARタイプのと居酒屋を経験しましたが
当たり前の話ですけど、お客さんへの対応やこっちの動き方…みたいなのに違いがあります。

まず、BARタイプのとこの制服がこんな感じ。
seihuku1.jpg
黒ベストに黒パンツ、そして腰に黒のサロンを巻いています。
こういう格好をして動いてるもんなので
カクテルをお客さんに出す時は、やっぱこう、ちょっと格好つける…っていうか。
そういう感じはありました。(´∀`)笑

一方、今やっている居酒屋の制服はこんな感じ。
seihuku2.jpg
まるで寝巻き、みたいなラクーな甚平です。
…これでどこのチェーンの居酒屋かバレそうっすね。(笑)
料理やお酒の提供の仕方も、BARに比べればカタにはまっていないというか、格好つける必要もない…というか。
てか、、出さなきゃならないものが多いので、むしろ早く出して、帰って、次のやつを運ばなきゃないしね。

このように、こちらの気分的な違いもあります。


うん。
まあ、飲食店そろそろ飽きたんだけどね。ぶっちゃけ。


男ってすごいな、って思います。

…やっぱりね、こういう書き方はあんまり良くないんだろうけど
でも、根本の性質的にそういうモンなのではないか、、と思うので、敢えてこういう感想から始めようと思います。
つまり、男は行動力があるよなぁ、というお話。

学科の友達が言った言葉が印象的だった。

「女子ってさ、週何日~とかってバイトやってる感じじゃん。
でも男は、すでにそっから違うからね。
空いている日々に、引越し屋とかでガーッと稼ぐワケよ。一日中。
で、貯めた金をガッと使って、好きなことをしに行く。」

まあ、「男は」…というより「俺は」って言いたいんだろうけど。(笑)


そいつは、夏休みや春休みといった長期休暇になると
それまでに貯めた金をごっそり持って、いっつも海外に飛び出して行ってる。

長期休暇が明けると決まって、海外での濃ゆーい体験談をいろいろと語ってくれるんだけどね。
それを、わたしたち女子連中はもう、「スゴイなぁ」とか「よくやれるよなぁ」とか。
「でも…いいなぁ」、なんて言いながら聞いているんだけど。。

今回はイギリスに一ヶ月間行ってきたという話で。
毎度毎度聞いてて思うことは
行動力がすごいよな、、っていうこと。

…結局。
「でもお金ないからなぁ」、って言うのは本当に馬鹿らしい言い訳にしか過ぎないなって。

本当にやりたくて、思い立ったなら、
それに向けて何とかするように働けるものなんだよね。
それだけ熱意があるならさ。

彼を見ていると、それを思い知らされるっていうか。


…。
うらやましいんだよな。すっごく。

自分だって、本当に今しかできないことをやれたらっていう想いはあるから。
何か大きな行動を起こしてみたいな、って思いもする。
そうやって、若い今という時を有意義に生きていきたいな、って。

けど、口先だけになって準備期間に時間がかかる人間がいる。
思いはしても積極的に行動しないから、結局お流れになってしまう。うらやましがる台詞ばかり口にして。

その一方で、思い立ったら一直線に行動できる人間もいる。


人間って、
本気で心を決めたなら、きっと何でもできるんだと思う。

たとえば日本を飛び出して、辿り着いた先でお金をつくりながら、世界中を回っていくことだってできるだろう。
そうやって、自分の見たいものを見て、やりたいことをやって
豊富な経験を身に着けたやつがきっと勝ちなんだよね。
人生の勝ち組だ。


どちらかと言えば、保守的で
ある程度の保証がないとなんとなく不安で
1から5まで、きちんきちんと準備して整えてからでないと、なかなか大きな行動を起こすことができない。
…というのが多いのかな。日本人は。
少なくとも彼はそう言ってたな。そしてわたしもそう思う。

刺激受けるなぁ。(´∀`)


我が地元の近く、川崎の産業道路辺りに、『COSTCO』という巨大ショッピングセンターがあります。

ここは完全会員制で、会員カードを持っていないと買い物が出来ません。
会員カード(顔写真つき)は、年会費4200円で誰でもつくることが出来るのだそうですが、カードを持っている人が支払いをすれば良いので、1グループ(…といっても同伴2人まで)につき1枚もっていればOKということ。

4200円、、と一見ちょっと高い気もしますが…
その代わりに、商品の値段はもうハンパじゃない安さ。

海外に多いお店らしく、日本では川崎を含め7店舗しかないとか。
札幌、東京、千葉、兵庫、福岡に1店舗ずつ。
そして神奈川に2店舗。それも川崎と横浜。…見ろ、神奈川最強。(笑)

costco

「倉庫店」と銘打っているだけあって、まるで品出し倉庫のような詰め込み具合。
売り物は、たとえば食品においても業務用のような大型のものが多い。
なるほど、アメリカ人がどでかいピザやパンを買いそうな感じだ。
少食日本人にとってはびっくりするような量かな…。

厨房があって、作っているところも見れるので安心。
つまり、この倉庫内で作って、作り立てをすぐパッケージしてそのまま出している、という感じ。

くわえて、たくさん買い物をしてちょっと疲れてひと休憩、、という時のために、もちろんちゃんと食べられる所もある。フードコートのような。
1つ80円のコカ・コーラの大きな紙コップを買って、あとは自由に飲めるドリンクバーもあり。
やー、素晴らしいね!!><

tiramisu.jpg

これはBIGティラミス。

写真では分かりにくいかもしれませんが、相当デカイです。
比較として写したスプーンが…もしかして遠近法になっちゃって、無意味だったかも。(笑)
これでお値段、1680円。
コンビニで売ってるティラミスの何倍量でしょうね…。



とまあ、まるで行ってきたかのように書きましたが
ぶっちゃけ、わたしは実際には行ってないので分かりませんけど…。(´∀`)

昨日の時点では、本当は親についていくつもりだったんだけど
…寝てたんです。orz

COSTCO。
将来、家族をもった時なんかには重宝しそうな感じですね。


両親が嫌いというわけじゃない。

抜きんでて家族想いな女子大生(20)か?…と言われれば多少疑問ですが
まあ、人並みに家族のことは好きだし、大切にしなきゃいけないという思いもあります。

けれど…それでも。
たまに、この環境に嫌気がさす時がある。
嫌気という言葉がちょっといやらしいから、あるいは、、居苦しいというか。

自分にとって“障害”になっているように思える時がある。
障害というのは、言うなれば成長抑制剤のようなイメージ。



ついにわたしも…と心配してたんですが、どうやら花粉症じゃないみたい。
どう見ても鼻風邪です。本当にありg(略
やっぱり、寒い現場で働いたのでこじらせたんでしょーかね。

今晩は、ちるです。
なんかルドルフが勝手に日記投稿するようになりましたね。><


さっきまで、エンタ→さんまのから騒ぎ観てました。

おもしろいよねーから騒ぎ。
わたし、個人的におかめチャンとミーアが好きかなぁ。

MVPは塩村さんだったけど、、ああいう人はやっぱり苦手。ごめんなさい。(笑)
自分のことを美人(orカワイイ)だって自覚しちゃってる、そんでもって確かに美人(orカワイイ)な人って嫌だわー。当たり前の話かもしれないけど。
まあ、さんまさんのようにそれでイジれるっちゃーイジれるんだけどねぇ。
ただ、たとえば男女問題がからんだりすると、そういう奴って面倒臭い存在でウザクなっちゃうんだよな…。

でもから騒ぎって、20代前半だから話がリアルでおもしろいよね。
オモローオモロー。(byなべあつ)



今日でカードキャンペーンの仕事も終わり。
そ、もう終わりっ。
飽きたからもうやんなーい!

結局、同じクレジットカードをおすすめする同じキャンペーンを、多数の駅前にて計6日間もやってきたわけだからねー。さすがに飽きるぉ。。orz
事後だから、何のカードかをお教えしよう。
オートチャージPASMOと京急カードのキャンペーンでした。


しかしアレだねー
とりあえず思ったのはね。

「オジさんを、もうジャンジャン捕まえちゃってよ!」

これってかるくセクハラ発言だと思うんだよね。どうだろう?
まるで、華を添えているかのように、キャンペーンスタッフに女の子を使いたがるのか、と考えてしまう。

…まあ、そういうのって世の中ふつうの思考なんだろうから
しょうがないんだろうねー。
やっぱり生物的(?)な問題で、“男性が与える印象”と“女性が与える印象”、というものがあるからさ。
例えば、、
テレフォンサービスのスタッフが女性だとホッとできるように。
飲食店で女性スタッフを入口近くに配置するように。
株や不動産などの大きな契約の際、説明者が男性だと頼もしいように。
技術屋が男性だと頼もしいように。

これは、男女差別でなくて…“男女区別”。
妥協はしたくないけど、理解は出来る。

だって、その特性を生かしてうまくやれる方法だってあるわけで。

やはり女性なら、“安心感”という感情が浮かんでしまいませんか?
女性スタッフに、「大丈夫ですよ」「ご安心くださいね」…などと言われながら説明を受ければ、本当にそのように思えてしまうマジック。
…タイプによるけどねー。(´-`)゜


でも。
社会に出たら、こういうのでも結構ストレスを感じてしまいそうだ。
男女という壁を否応にも思わされることが…あるのかな。

あるんだろうな、きっと。



神奈川住まいですが、東京もよく出歩くわたし。
むしろ、遊ぶのは東京での方が圧倒的に多い、、ということで完全に都会人であり、言語で言えば標準語エリアで生きてきたわたしですけども…

友達との喋り言葉に関して、なんだか多少のクセがある、という。(´―`)

わたしがまさによく遣う言葉。
横浜弁と言えば、「ジャン」が語尾につくというのはすごく有名な話ですけど
「~じゃんか」、っていうのも言わないらしいね。

例:「昨日遊べないって言ったじゃんか。」
   「だって、そーじゃんか。」

…これ言わないんだ??


興味をもって調べてみたら、かなりおもしろいことが分かった。

「横入り(よこはいり)」、も言わないらしいです。子供の頃によく言ったけど。
あと「かったるい」、「うざったい」。
空き缶のことを、「缶カラ」とか「缶カン」と言うのも横浜弁だとか。

あと他に有名なのが、「り」→「し」の変化。
例:やっぱり→やっぱし、バッチリ→バッチシ、ピッタリ、ピッタシ...etc

話の繋ぎとして、「~がさぁ、~でさぁ、…」と続けるのも
「ちょー○○」というのも、もとは横浜弁らしい、、とのこと。

このように、横浜弁は多少ザツっぽところがある。
そもそも、こういった横浜弁は沿岸部に限定されるらしい。
そして、もとは猟師の間で交わされていた言葉のイントネーションや語尾が横浜弁と言われるようになったので、どうしても男言葉のザツさがある、、ということだ。


こうやって並べると、へえ…って思うけど
でもこれって、あくまで標準語と比べてみて、それと違うから横浜弁だとネーミングされたって話でしょ?
標準語って、アナウンサーの使うきれいな日本語のことでしょ?
実際、上で横浜弁と称したものって今の若者はふつうに使ってるよね。だから横浜弁と言えど、方言というよりも若者言葉という感じがする。

それは…
横浜弁はヤンキー言葉として全国に広まったかららしいよ。(笑)

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報


相変わらずガガガガが腹立たしくてしょうがない、ちるです。
そうですね…
ついでに言えば、最近いろいろとダメな感じ。


どうも…。ちるです。
わたしが住んでいるマンションなんですが、第一子(わたし)が生まれるということで、当時新築だったのを購入したんだそうです。

というわけで、築20年以上経つ古いタイプのマンションなんですけども。

今からだいたい10年ほど前。
建物に沿って足場を組み、外装のペンキの塗り替えや設備の点検など大掛かりな工事を月単位の長期で行ったことがあります。
当時わたしは小学生で、ランドセルを背負った学校帰り、機材が置かれていて立ち入り出来ないため、マンション内を迂回をさせられて家まで帰った記憶があります。あと、マンション敷地内がひたすらペンキくっさいの!><。


そんな、多分10年という長期のスパンで行うべき…
大規模な修繕工事の時期が、このたびやって参ったようです。

先月終わり頃から、建物まわりに足場が組まれるようになり。
それは、見る間に10階以上もあるマンション全体を囲んでしまい。
さらに灰色の薄汚いネットで覆われ
ちょっとした要塞みたいになっています。

…いや、要塞っていうかまぁふつうに、工事中のビル建設現場って感じだけども。


で、何が問題かってね?

目覚めた時部屋が明るくなっているように、カーテンを開けっぱにしていると
起きた時、窓の外に誰か(=工事の人)の姿が…!!
なんてことが。。><

リビングで食事する時だって油断出来ない。
ウッカリ部屋で着替えなんて出来ません。(笑)

ま、そっちはカーテン一枚で何とでもなるので全然良いんですが
それともうひとつ。

工事の音がすっげぇうるさい!!

ガガガガガガガガッ!! って、一体何をやっているのか分かりませんが、とにかくうるさい。仕方ないけどうるさい。

それを配慮して、平日の8時過ぎ頃…つまり、お勤め人や学生がそろそろ家を出てしまう頃から、そのうるさい音の出る工事を始めてるんだろうけども。
…すみません、わたし春休みなのでまだ寝てるんです。
だって今日のバイトは午後からだから…。(ノロ`)

これで起こされるのってすっごい哀しいのよね。目覚め悪い。
…あぁ、しかもだからほら、それで、
「…何だぁ?」って感じで身を起こすと、たまたまタイミング良く窓の外に人がいたりすると、、 orz ←ってなるじゃないですか!って話ですよ。ほんとツライっすわ。

あー…工事いつ終わるんだろう。まじめんどくさい。(´ロ`)


そうそう。
なんか知らないけど、朝7時過ぎにたまたま起きちゃって…。
でも寝たの確か5時過ぎ(!)とかだったから、さすがにまだ寝ようかなー、って思ったんだけどガガガガがうるさくて寝付けないから諦めたんだ。


こんな時間に今晩は。ちるです。
明日また、カードキャンペーンの仕事だ…。

当然だけど、声張ってるわりに契約してくれる人は少ないです。
目標契約数は、そもそも一日5~6件がふつうで、10件なんて越えたらスゲーな感じだしね。仕事中ヒマなわけですよ。
ま、ヒマなだけなら良いんだけど…。

ぶっちゃけたこと言うと、同じ台詞を何度も何度も言うのに飽きた。
2日で飽きちゃった。(笑)

お客さんの応対って、基本的には嫌いな方じゃないんだけど、向こうから来てくれてそれに応対する方が良いなぁ、、なーんてね。

スタッフは2人でやってて、もう一人の人は30代半ばくらいの人なんですけど
キャンペーン期間中、だから通して10日間?ずっとやってるんだって。ちなみにわたしは明日で3日目。
よく飽きないなぁ、って感じに思ったけども…
社会人になると妥協出来るようになるのかな?それでもやらなきゃならないんだ、って。

働かなきゃ食っていけない、だなんて思ったことないからかなぁ。



今日は、夕方ちょっと呼び出されて渋谷に行き
帰ってくる頃には9時ちょっと過ぎてたので、「あー耳すまが…」とか思いながら。
やや急ぎ足で帰宅して、ご飯食べながら観ました。

『耳をすませば』。

最近のジブリは、CGを駆使するなどして画がすごくキレイになったので
ひと昔前…と言うと言いすぎな気もしますが、『耳をすませば』は1995年に上映された映画なわけで、その頃の画を見るとなんだかなつかしいなぁ、とか思いました。

耳すまの世界には携帯電話ないんだねぇ。。
今じゃ中3なら多分ほとんどが携帯を持っているだろうけど
もし耳すまに携帯が存在してたとしたら色々と変わってくるだろうなぁ、、

みたいなことを書いたサイトを昨日読んでてちょっと笑った。



ついでに話は変わるかもしれないけど
携帯が及ぼした影響、っていうのはかなり大きいと思う。今更だけど…。

「メールが返ってこない~どうのこうの」、「返事が待ち遠しい~どうのこうの」、
「あなたからの着信は○○で~どうのこうの」...etc。
そういった歌詞が唄われるようになったのも、つい最近のこと。

たとえばメールの数や電話の頻度、そういったのが恋人間の絆をはかる、一種のものさしのような感じにまでなっている…かもしれない。
それほどに携帯という連絡手段の存在が大きいということ。
メールが頻繁に来ないからといって、すぐに返って来ないからといって、不安になるだの何だのという話はよく聞きますね。
それが現代。

…くだらねー、って思うけどね。(´∀`)
メールや電話の数じゃ絆なんてはかれるか、という話?

まあ、とはいえ…
わたしは今、携帯がなければ恐らく成り立たないだろう恋愛をしてるけど。


でもさー
今じゃ絶対ありえないことだけど
待ち合わせしてて、同じ頃にお互いちゃんと来てたのに見当たらなくて…
実は同じ柱を挟んで向こう側に立ってた、、なんてシチュエーションがすごく微笑ましく思えたりするよね。

それがわたしの両親の時代です。


今日は一日、派遣バイトに行って来ました。
工場内での軽作業。
書類を番号順に整頓して隣の人にハイ、ってやってくだけ。
これで時給千円も貰えるんだからねー、居酒屋より楽に稼げちゃうよ。

派遣に行っていつも思うのが…
何で必ずヘンな人がいるんだろう?ってこと。
ぅーんー…
ヘン、というのは御幣があるかもしれない。けどなんか、ヘンなんだよね。言動が、動作が、と言うかなんと言うか…。とりあえずクラスにいたら絶対浮く感じの人?と言ったらいいかな…。

あと、老け顔だけど絶対この人タメかせいぜい2つ上くらいなんだろうな… って人。
たいていやたらとフレンドリーである。

A子サン 「いやぁー疲れましたねー」

わたし 「(ビクッ) …あ、ぇ?えぇ、まあ…。へへ…(苦笑)」

…という具合に、
唐突に話しかけられるとビックリしちゃうのである。



ボウズになるっていう意味じゃないよ。

父親が、まあ前からなんですけど
最近また、「え…おまえいつ家出んの?」みたいに言ってきます。


なんかねー、近いうちにリフォームをするみたいで。
といっても大掛かりなものではなく、とりあえずは水回りくらいらしいですけど。
この間の休日も、ふつうに昼過ぎまで寝ていて髪ボサボサのまま起きてったら、ダイニングに客人(リフォーム業者)がいてビックリでした。なにこれ、居間行けないんだけどwww食べるものはおろか、飲み物さえ取りに行けないんだけどwwwwwって感じでした。

まあねー、水回りは早めに何とかしたほうがいいと思う。

風呂なんか、湯炊き機能が一年以上もぶっ壊れてて使えないしー
(つまり風呂が冷めたら湯船浸かれません)
キッチンコンロも、ちゃんと点火するのが3回中1回くらいなもので、急いでる時はツマミひねってガス出しながらチャッカマンで点けたほうが早いくらい。
…あ、チャッカマンなんてふつうに言っちゃった。東海の以外はチャッカマンって呼んじゃいけないんだよね。うちにあるのは東海かどうか分からないやー。ってか、あの東海のチャッカマンのCMまじキショイよね…。昭和のかおりがする。

うちのマンションは20年以上も前に建ったものなので
つまり、キッチンコンロや風呂など水回り設備も20年以上も前のシステムのまんまなんです。

友達の家に行ったとき、風呂の湯が自動で止まるとか…もうめーっちゃ感動したんだけど。。
うちなんか、湯を出してきた人が時計をチラチラ気にしながら責任を持って止めに行くか、自信がない人はキッチンタイマーでセットしておく、っていう決まりがあるのに。そうやって、誤って溢れさせないように必死でやってるのに…!><



…あ、で、出家の話に戻るとすると。

そのリフォームの話の時に必ず父親が、いつ家出んの?って話を振ってきます。
こないだなんて、
「ねえ知ってた?会社のヤツに聞いたんだけどさ、長女に良い部屋を与えると家出なくなるんだってさぁ。」 ってことを言ってきました。へえ…。

うちの父親は、カワイイ娘が家を出て行くなんて心配で心配で… なんてこれっぽちも思ってませんねぇ。(笑)
むしろ、家出てくの万歳!!って感じ?
今時たぶん珍しい父親だよね。まぁ別にいいんだけど。

「大学卒業したら出ちゃえばぁ?あ、支度金くらい出してあげるから。
ヤター、おまえが出てったらあの部屋はパパのものにしよーっと

とか言ってる。…じゃあマジで出ていこうかな。('A`)


最近食べ物の話が多いかもしれませんね。

大学の授業がある日、そして昼食が買い弁の場合、
たいていはローソンのおでんが多いです。
美味いよねぇ。(´¬`)

レジ横でほかほかと湯気が上がっているのを見ると
どうしても、おにぎりにプラス…じゃあ卵とはんぺんだけ、
…とかって、つい買ってしまうわけ。

そうそう、このローソン。
近くにはうちの大学の他に三井住友海上など会社も多いので、12時過ぎには、学生や社会人のお昼を買いに来た客でごった返します。レジもすーんごい人が並んでいます。
なので、おでんはセルフサービスになっていて、汁が入れ放題なんだよねー。
そういうトコもいい
寒い冬は、おでんの汁で温まるのが最高。

そういえばー
おでんがレジのすぐ横にあるのは、
コンビニ強盗が来た時にすぐぶっかけられるように、とかいう話。

アレって本当なんだろうか。(笑)


もうね、タイトルには「寒い」以外書くことが思いつかない。
寒いよ寒いよ…。


最近痩せたかもしれない。

…いや、気のせいかもしれないけどね。分からないよ?
ただ、今日たまたま指輪を嵌めてみたら、あまりにもスルッといきすぎてビビった、、という話です。
第二間接にかすりもしないで嵌められちゃうんだけどな…。
ためしに手をブルンと振ってみたら、指輪が吹っ飛んでいきよった。(笑)

女の子にとって痩せることは嬉しいことかもしれないけども
たとえば最近甘いものを我慢してるとか…特にそういうことをしているワケじゃなし、むしろ、弟の彼女チャンがお土産として買ってきてくれたスタバのスコーンとかクッキーとか喜んで食べたりとかー、バイト帰ってきて夜0時過ぎに夕飯ガッツリ食べたりしてるのにねー、何でかなぁ?
心当たりもなく痩せたように感じると、なんだかコワイよねぇ。


…とか思いながら、
ちょっとワクワクしながら久々に体重計に乗ってみたら

なるほど、数字は正直でした。

別に痩せたわけじゃない。
特に変わりはない。
つまり、体重は増えても減ってもいませんでした。


…ハイ、ごめんなさい。
10数行ほど上、
「心当たりもなく痩せたように感じると、なんだかコワいよねぇ。」

↑この台詞が言ってみたかっただけです。

痩せてコワイ、なんて思ったことが一度たりともあるものか!!
たとえ心当たりがあろうがなかろうが、とにかく、体重が減っていれば大多数の女の子は喜ぶものです。
減って欲しいのです、そう願ってるんです、常に。

覚えてろ。><


ただいま課題やってまつ。(´ロ`)゜

なんかー
休日になると、家に弟の彼女が現れるようになって…
わたしの部屋は玄関の真正面にあるため、迂闊に、部屋のドアを開けっぱなしにしては寝てられない。

むしろ、昼過ぎまでぐーたら寝てられない…。
起きて部屋出た瞬間を見られたらどうしようか、と。

「お姉ちゃんまだ寝てたのwwwウケるwww」とかね…。

いやいやしょーがないんですよ。疲れるんだモーン。

しかし、
弟達はどうやらプラトニックな感じだそうなので
その点に関しては助かりました。って何言ってんだって話だけど。

弟はどうやら、年下の可愛らしい娘がタイプのようですね。
んんー…そうかそうか。
とりあえず、高校生カップルって微笑ましいのう。


ちなみに最近、男の年上好きっていうのが分かってきました。
わたしがもし男だったら、絶対年上好きになると思う。
キレイなお姉さん系。
外見は格好良いけど、恋人の前では普段は見せない脆さとか弱さを見せてくれる、みたいな人。だいたいは可愛がってくれるんだけど…甘やかしてくれるんだけど、そういう時はこっちが彼女の上にたつ、、みたいなね。

本当はこういうモンなのかもしれないよ?
女の人に母性本能があるように、それと対になって、男の人にはもしかして、自分より大人な女の人に甘えたい意識があるのかも。子性本能?とでも言うんだろうか。それなら釣り合いがとれそうだよね。

…とはいえ、こうは言ってもわたしはやっぱり女なので。
甘やかすのは好きです。
やさしくて穏やかな気持ちになれるから、かなぁ。


あーやばい、キモイな…。
こういう時間にブログ書くのやめようか。キモイことしか書けないから。(笑)


今日、家庭教師の授業中にいいコトを思いついた。

この子に、受験前最後の授業でキットカットあげよう!
受験頑張れメッセージ、とか入れて!

そんなことをひとたび思いついちゃってからというもの
ウワー絶対やろう!絶対喜ぶよなぁ!
って、今からワクワクしてたまらないー(笑)


人にプレゼントをするのが結構好きです。
あげる時もいいんだけど、あげるまでの楽しみ感がたまらない。

そんで、あげた時の喜ぶ顔を見たいなぁって思うのね。

もらうのもうれしいけど…
だからね、ホント見返りとかなしでいいからプレゼントあげたい、って思う。


眠れねーんだよチキショー…

ぐるぐるとサイト巡りしてると、時間が経つのが早い。
まあ家庭教師の英語テストをつくってた、ってのもあるんだけど。

その間、ずっと南部せんべい食ってた。
美味いよー!

南部せんべいにしろ、五平餅にしろ、
とにかく和菓子やせんべいが好きだったりするのは
母方の実家の影響大だと…今だからこそ思う。

幼い頃に遊びにいくと、えりチャンが好きだから…って、おばあちゃんが用意しててくれたのね。おばあちゃんの口癖が、「食べなさい」、だった。(笑)



あ、ってか日付が変わって今日はセンター試験の日じゃないか!

2年前はわたしも受けたっけなぁ。
その日東京は初雪で、しかもかなり降ってたから朝ツラかったのを覚えてる。
あと、縁起でもないから決して“滑らないように”、足元をよく注意しながら歩いたっけ。

ひとつ上の学年がセンター試験の時期を迎えると、次受験生としてはソワソワしたもんです。次はいよいようちらの番か…って。
となると、弟はソワソワしてるんでしょうかね?彼は春から受験生です。

志望校と学部はもうだいたい決まってるみたいです。


なんか…いいなあ、とか思ってしまう。
本当に自分の成績を見つめて、行ける範囲の大学を選べるんだから。

…とか言うと、わたしの時はそうじゃなかったのか?と。
じゃあなにか?無理に背伸びでもしてたのか、自分の実力にそぐう所を選ばなかったのか、と言われると、絶対にNoとは言えない。Yesとなら言える。

自分の性質を分かっていながら、現実味のある目標設定が出来ていなかった。
あの一年間のそれは、今でもたまーーーーー…に後悔することが、ないと言ったら嘘になる。
つまりわたしは、具体的でリアルな目標設定がないと頑張れない性質なのだ。
目標が、自分の手の届く範囲にあると自分自身で認識できてこそ、対策や計画が練れる。けど逆にそれが手に届く範囲にあるかどうか微妙な時は、対策があいまいになってしまう。何km走るのかを知らされずにマラソンをしているような感覚。ゴールが分からないから、ペース配分が出来ないということ。
それは、いつだって不安がつきまとっていた。

もう一度高3に戻れるなら、…っていう話はクダラナイからやめようか。

まあ、今を手放す気はないから、最近じゃあまり思い出にふけることはないね。
むしろ未来のほうを見ている感じ。
いつか自立して、20代らしい幸せってやつを手に入れたい。

…そうだ、今年は就活だって待っているんだ。。orz


新fc2なにこれー…毎回ログインしなきゃないのがめんどくさ。
なんで、IDとパス設定保存出来ないんだか…。ワカラン。


昨日の記事で、たとえおもしろくないことがあっても制御しちゃうだとか、人を傷つけるのが嫌だとか、こういう時は口を開かないのが吉だとか言っていたくせに
一日も持たないで吐き出してしまいました。
叩きつけてしまいました。

やっぱりわたしは、いい意味でも悪い意味でも感情を隠すのが苦手なようで。
隠しながら悶々と日々を過ごしているぐらいなら、いっそすべてをさらけ出して、本音と本音のぶつけ合いをやったほうがずっとスッキリするみたいです。


…でもそれは決して良い手段ではないと知ってる。

人間は結局、心の奥底…つまり本音ではキタナイことばっか考えてるから
それを見せるとなると、当然、聞かされた相手は複雑な心境になると思う。
重いだろう、傷つくだろう、
面倒臭いな…って思うだろう。

言って来た人が自分にとってどうでもいい人間だったら、適当に流して無視すればいいだろうけど、
適当に流すわけにはいかない関係であった場合…家族や親友、あるいは恋人。
じゃあ…その打ち明けられたおもしろくないことや不満事を、どうにかして取り除けないか、、というふうに考えると思います。

けどそれって…。
打ち明けた側からすると、自分がぶっちゃけてしまったことによって、相手を自分の都合のいいようにコントロールしたように思えて、今度は罪悪感を感じてしまう。

…じゃあどうすりゃいいの?っていう言い分になりますよね。
ごめん、分かんないです。

うん、なんかもう…どうしようもないね。だるいよね。
面倒臭い生き物だね、人間って。(笑)
わたしはこんな自分が大ッッッ嫌いだ。


あー…どうすりゃいいかなぁ…。
分かんない…。課題終わらせないと…。


イライラするのは何故だろう?とか言ってるけど
そりゃーイライラするのにも理由があって、その理由は自分では分かってるわけで。

じゃあその…何故というのが、原因における「What」でなく、「Why Reason」…どういう理由でイライラするのかって、ちょっと理論的に?チャート的に?考えてみたりもする。
つまり、アレがああだから→アレがああなって→だからイライラするんだ
…というふうに考えてみるというわけ。

そのうえで、イライラしないようにその原因を取り除く方法を考えるんだけど
それがなかなかうまくいかない…。
方法が分かったとして、それでも実際にその方法を取れないことの方が多い。
例えば、、アレがああだからこの人にこう言えば、とりあえずここでの問題は解決するだろう、っていう結論が自分の中に出たとしても、さて…その人に実際言えるか?ってなると、自分で制御しちゃうことの方が多い。

だからこそのイライラなんだろうね、きっと。
イライラして…でもそれを晴らすことも出来ないから、さらに相乗的に増えていく。まるで悪循環。


そもそも、思ったことをすぐ口にしていそうで…
実は意外に溜め込んでいるタイプだと、自分でも気付く。

うまく吐き出せないのは、一旦喋りだすと歯止めがきかないからだ。
ついでとばかりに、あれこれと撒き散らしてしまう。
そうして人を傷つけるのが嫌なんです。


…まあ、溜めることが良くないか?って言われたら、必ずしもそうじゃないと思いますしね。
溜めていったからって、それがどんどん溜めた分増量していくわけじゃない。ふとしたキッカケで、知らずのうちに多少は消えていたりする…そんなもんなんです。

さて、課題やるかー。


帰りの電車の中、隣に座ってたオバちゃんの加齢臭で軽く涙目になりました。
しかし、席を立って離れる…なんてことは出来ないチキンです。
どーもこんばんは。(´∀`)
皆さん、この寒い季節いかがお過ごしでしょうか?


案の定、今後12月前半はとても気が抜けそうにありません。
13日に設計の最終課題が待ってることですしね…。
でもこの日が終われば、今まで毎週毎週散々苦しめられてきた設計課題から晴れて開放されることになります。3年次は、コース選択によっては設計授業はないんですよねー。ヤター!><

設計というものは、夢に描いていたよりも大分難しくて…険しい道のりだと実感しました。
創造するもの全てに、細部にわたってちゃんと理由付けをして、コンセプトを持って作っていく、ということがいかに面倒臭くて地道な作業であることか。
何度も何度もスタディを重ねていかなきゃならない苦労さ、自分ではイイなーと思って持って行ってみても、大した評価を得られなかった時のギャップ、、等々。

…まあそれでも学ぶことは多かったわけだし、色々と刺激を受ける部分もあったので良しとしますけど。(笑)



大学に通うようになって、やはりこの道は向いてなかったんじゃないか、と思うことが多々ありました。
そもそも選んだ動機が不純…といえば不純だったしね。言うなれば消去法。

事実、友達の中にもそうやって思い悩んでいる人を何人も何人も見ました。
「…これは、やりたかった道じゃないんじゃないか?」
歩むことを選んだ道に対して自信をなくすほど、それだけ、設計授業は厳しいものだったし、建築という世界の刺激を受けすぎる授業でした。
今更ぶっちゃけるでもないけど、毎週木曜日が鬱でしょうがなかったです。

自分のやりたいことを見つけるなんて甚だ難しいことだ。
この考えは揺るがない。
興味があってやりたいかもしれない…と多少夢見たところで、結局は退屈で意外につまらなかったり、学んでいてもそんなに楽しいものでもなくて、むしろ面倒臭くてツライものだったりもする。

わりとどの道を通っても同じなのかもしれないな、と思います。

高校時代の受験期に、大学へ進んだ卒業生の話を聞く機会がよく与えられたりしましたが…。その中で、「やりたいことを見つけてみてください」という言葉が、どうもわたしは…わたし自身の中で噛み砕くことが出来なかったのを思い出しました。

数ある選択肢の中から、まあ一応…最初の一歩として、多少なりとも心が揺らぐほうを選び取って、進んでみて。
しばらく進んで行きながら、(ギャップや困難にぶち当たった時などは特に…)、その中でやるべきことや自分が出来そうな部分を探していくのがきっと正解なんだと思います。

やりたいことは見つからないものだけど。
新たな場所や環境へ身を置くことは、率先して行ったほうがいいでしょうね。


とりあえずわたしは…
大学を無事にちゃんと卒業することを目標に、頑張ります。





…今書きたかったことを書いてみただけなので
文章に前後の脈絡やまとまりがなくても、スルーしてください。(笑)



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Mr.Dreamer, All rights reserved.